主催事業の催しもの

  1. ホーム
  2. 市民セミナー(現代文学講座)
きらり鎌ケ谷市民会館 きらりホール

施設を利用したい方

施設予約サイト

※平成31年4月1日から公共施設予約システムが変わりました


市民セミナー(文学講座)

  • 令和2年度市民文学セミナー 文学講座

    dazai.jpg

    今年の文学講座は太宰治の新釈諸国噺を4回にわたり行います。
    なお、今回は新型コロナウイルス感染防止のため、募集人数を減らして行いますが、
    皆様の参加をお待ちしております。
    対象:18歳以上の人で、鎌ケ谷市在住でできる限り全プログラムに出席できる人
    日程:
    1回目 10月26日(月) 太宰治と古典翻案
    2回目 11月 2日(月) 「貧の意地」「破産」
    3回目 11月 9日(月) 「裸川」「義理」
    4回目 11月16日(月) 「猿塚」「人魚の海」
    いずれも14:00〜16:00
    内容:
    1回目
    太宰治と古典翻案 太宰治の翻案小説の代表作「清貧譚」「御伽草子」「新ハムレット」などをとりあげ、
    原典と読み比べてみます。翻案小説の特徴や魅力について考えます。
    2回目 
    「貧の意地」「破産」 「新釈諸国噺」の「貧の意地」と「破産」を西鶴の原典と読み比べてみます。
    金銭に振り回される悲喜劇を通じて浮かび上がってくる人間像について考えます。
    3回目
    「裸川」「義理」「新釈諸国噺」の「裸川」と「義理」を西鶴の原典と読み比べてみます。
    そこで描かれている武士や武士道をどのように理解すればいいのかを考えます。
    4回目
    「猿塚」「人魚の海」 「新釈諸国噺」の「猿塚」「人魚の海」を西鶴の原典と読み比べてみます。
    怪異譚や異類譚を通じて描かれているものは何なのかを考えます。
    講師: 和洋女子大学 准教授 佐藤淳一
    会場: 中央公民館 集会室
    定員: 42人(今年度は新型コロナウイルス感染防止のため、定員が少なく、先着順といたします。)
    参加費:無料
    申込開始:10月1日〜電話(TEL047-445-2012)若しくは中央公民館窓口

PAGE TOP